「場」と「身」と「潜在意識」のヒミツ

新型コロナの出現で、
半強制的に リモートでの仕事や授業、飲み会などが
試されることとなり、
意外にイケる!
という体験と発見がありました。


その一方で、
リモートの限界も明確になってきました。


一番 指摘されているのが、
コミュニケーション不足。



リモートワークや テレワークでは、
仕事の効率が上がらないといったことが
実感されるようになり、


リモートの授業や飲み会では
”交流感” の乏しさが
そこここで体感されることとなりました。




私たち人間は、
「密着」とまではいかなくても、
何氣ない会話や、場を共にするレベルの「ふれあい」が
日常的に必要な存在だということを
改めて思います。




リモートの限界とされる この話には、
実は、私たちの潜在意識の性質が
深く関係しています。




エネルギー的にみると、
「場」とか「空間」と言われるところには、
エネルギー(情報)が書き込まれています。


言い方を変えると、
さまざまな「情報」は「エネルギー」として漂っており、
量子場を形成しています。


例えば、「イヤシロチ」や「パワースポット」。
これらは、「ポジティブなエネルギー情報がたくさん書き込まれている場」
ということになります。


一方、「ケガレチ」と言われる場は、
「ネガティブなエネルギー情報が たくさん書き込まれている場」
と言い換えることができます。



そして、私たちの潜在意識は、
「場」に「身」を置くと、自動的に そこの情報と交流を始める、
という性質を持っているのです。


また、私たちの身体も、
「場」のエネルギー(情報)と潜在意識、
その両方とつながり、
密に交流する性質を持っています。



つまり、私たちは、
「場」に「身」を置くと、
自身でも さまざまなエネルギーを発信するのと同時に、
「身体」と「潜在意識」をフル動員して、
「場」に書き込まれたエネルギー(情報)を受け取っているのです。



そのため、
「場」と「身体」を切りはなした状態だと、
機能が十全とならず、
“ 何か大事なものが足りない ” という感覚が
私たちに生じることになるわけです。



私たちは、
これまで ほとんど意識していませんでしたが、
「場」を共にすること、
「場」に「身」を置くことで、
意識的、無意識的に たくさんのものを受け取り、
体験してきていた ーーー ということなのです。



大昔から、
「秘義(奥義)」「秘儀」「秘技」といわれるものが
例外なく 口伝のみ とされてきたのも、
このことによります。


書かれたものやオンラインでは
ほんとうの ほんとうに 大事なものの伝達、
ことばを超えたものまでを含めた伝達というのは
不可能なのです。


時折、
「満員電車には乗らない」
「バカとはつき合わない」
といったことを信条としている
という人の話を見聞きすることがありますが、
何を選択するかは別として、
とにかく「場」の影響をよく知っておられることは
間違いないです。



一大ブームとなった「断捨離」も、
この「場」と「身」と「潜在意識」の関係
についての認識が
ベースにあるように思います。





当塾では、発足当初から、
この「場」と「身」と「潜在意識」の性質を大切に考え、
講座運営を行ってきました。


特に『スピロジスト養成講座』では、
参加される方の潜在意識の書き換えが重要項目のひとつ
ということもあり、
プレ講座の段階から、
この潜在意識の性質を大切にする形で開催し、
お試しいただけるようにしています。




「本氣」で何かを伝えたいとき、
全存在を賭けて何かに取り組むとき、
自分という存在の根本にかかわる事柄のとき などは、
迷わず、「直」「生」「リアル」を選択されることを
おすすめします (^^)





その観点からすると、
昨今、行政や医師会が叫んでいる
「人と会うな」というコロナ予防法は、
この「ほんとのほんとに大切なことの伝達」を
止める方向のものになります。

PCRという、
ウィルス検査に不向きな検査を使い続け、
実際の感染状況を可能な限り正確に捉える意思が
ないように見える実情や、
( やっているように “見せかける” ことには一生懸命ですが )
医療が逼迫と言いながら、
今回明確になった医療分野の構造的な問題の改善には
まったく取りかかる様子がない実情を
併せて考えると、
「人と会うな」という号令も、
実のところ、本当の目的は、
コロナ対策などでは ないのかもしれないですね。




    

次の記事

感情のトリセツ