PART2で、その明確・詳細なよみとり方を学んだ「ブロック」の数々は、
その人の認知に歪みをもたらし、精神的不健康の要素となり、
その人本来の生き方から遠ざける働きをしますが、

そもそも、どのような「ブロック」(思い込み、くくり)を形成するかには、
その人の「魂の意図と選択」が働いています。

そして、その「魂の意図」に照らして「ブロック」をほどいていくと、
実は、自分が最も目をそむけたいと思っていたところに、
まぎれもなく自分の最大の宝(=最強の武器)が隠れていたこと
がわかってきます。

また、なぜ この「宝」(武器でもある)を持ってきたのかを
考える(=神還る)ことで、
徐々に自分の今生の「使命」が思い出されてくることが多いです。

このPARTでは、「魂の意図」を読み取り、
自分の最大の宝物を掘り出すために必要な
知識と技法を身につけることを目的としています。 

【講座内容】

人を識別するときの視点

  • 本体の精神性の段階
  • 「ブロック」としてのパーソナリティ と 「抜け道」自律的自我
  • 「ツール」としてのスペック、超感覚

「使命」と「強み」を思い出す

  • 「人生の目的」と「ミッション」の関係
  • 「しばり(ブロック)」と「強み(ギフト)」の関係
  • 「使命」と「しばり」と「才能」の関係
  • 天命・使命・宿命・運命・造命・立命
  • 不健康な「防衛」が「強み」に変換されるメカニズム

今生の使命をより明確にする

  • 生まれながらに持参している「強み」の再確認
  • 自分の「思い込み・しばり」が持っていた意味の解読
  • 過去の苦しみ = 自分にしかない「極上の宝物」がコスプレしたもの

多次元的存在に ちゃんと戻る

  • 12本のDNAのはたらき
  • 多次元的存在としての「本来の自分」に戻る作業

「言霊」の遣い手

このPARTの目的

  • ひとりひとりが 自身の中に「本来の人生」を取り戻す力を持っていることを思い出す。
  • 思い込み・信念体系も、「魂の意図」がわかれば、愛に満ちた豊かさ( が変装していたもの )であることに気づく。
  • これまで「肚をくくった」人以外にとっては、逃げたい事柄となっていた自身のブロックに取り組むことを、より抵抗なくスムーズに行えるようにし、高次と安定的に繋がる人を増やす。