多くの人が、自分の人生の操縦桿を手放してしまっていますが、そのことに気づいていません。

このPARTでは、例を挙げ、自身を振り返っていただいて、まず、そのことに気づいていただきます。

人生の操縦桿を自分の手に取り戻すには、どうしたらいいのでしょうか。

まず、その大前提となる「宇宙の法則」を理解する必要があります。

それは、「自分が体験する『現実』は、すべて(別次元の)自分が創っている」という法則ですが、
これを腑に落ちる形で理解し、日々実践できるかどうかで、「人生の操縦桿」が どこに行くかが変わります。

重要な法則なので、当講座では順番に段階を踏んで解説していきます。
解説に際しては、人間が本来 多次元にまたがる存在である、ということの理解が不可欠となるため、
人間の成り立ち ( 各エネルギー体と肉体 ) や、各エネルギー体の性質など、混乱が起きないよう、解説し整理をします。

また、精神性を扱う分野では、同じ領域や事柄に対しても、
それぞれなりにネーミングして用語としているため、勝手バラバラな状態となっているのが実際です。
やはり後々の混乱を防ぐ意味で、これらの用語を横断的に整理します。
( この整理解説は、かみうみオリジナルとなります。)

神道で言われる「幽界」「霊界」などが、シュタイナーの分類やヘミシンクの分類では、どれに当たるのか、
スピリチュアルで言われる「ハイヤーセルフ」「ディバインセルフ」などは、他分野でいうとどの領域の話になるのかなどが整理でき、
理解が容易になり、深まると思います。

端的に言うと、
「わたしたちの生きている世界は『自己(波動)責任』の世界である」ということの理解度によって、
苦痛や苦悩の多い人生になるか、何が起きてきても 豊かさや 愛を感じられる人生になるかが変わってくるのですが、
このPARTでは、そこを細かく解説し、理解を落とし込んでもらうことを目的としています。

その上で、実際的な人生の操縦桿の取り戻し方の話に入っていきます。

「人生の操縦桿」を、どんな時も自分の手中に握っておくには、
「大前提となる宇宙の法則」を理解した上で、「視座」を上げ、
「二元性の世界」から抜け出る必要があります。

つまり、「視座の上げ方」を身につけているかどうかが大事なファクターとなります。

このPARTでは、各人の段階や状態に応じた「視座の上げ方」を学びます。

さらに、「操縦桿」を手放していたこととも深く関連するのですが、
多くの人が「ゴールのないマラソン」を走っていることにも気づいていません。
このPARTでは、「納得!なゴール」の設定のために必要な要素を解説し、順を踏んだワークを経て、各自の「ゴール」を明確化していただきます。

【講座内容】

自分が自分の世界の創造主

  • 人は皆 こころにメガネをかけている 
  • わたしたちは制限装置のついた五感で知覚している
  • 体験世界は自分が創っている
  • 「本当の望み」を望む自分

多次元的存在である わたしたち

  • 意識の層構造について
  • 周波数の違うボディについて
  • チャクラについて
    • <資料> 人間の各ボディの特徴と次元とチャクラの関係一覧
    • <資料> 精神世界用語対照表 (かみうみオリジナル)


多次元的存在としてみたときの「パーソナリティ(人格)」「魂」「個性」

  • 「中身」と「服」
  • 「服」の構成
  • 「心理学」と「スピリチュアル」と「一般」の視座
  • 「ほんとうの癒し」とは
  • 「心理学×スピリチュアル」で可能になること


「自分が自分の世界の創造主」の “徹底理解”

  • 出来事はすべて「中立」
  • 意味づけは “選べる”
  • 「現実」は自分を映し出している鏡
  • 放ったものが受け取るもの
  • イヤな人に出会うワケ


人生の操縦桿を自分の手に取り戻す(その1)
〜 パーソナリティを魂に同調させる〜

  • 多くの人は人生の操縦桿を手放しているーしかも気づいていない
  • 人生の操縦桿を取り戻す( ダイレクト法 )
  • 人生の操縦桿を取り戻す( step  by  step 法 ) step0〜step3
  • 人生の操縦桿を取り戻す Advance 1・2


人生の操縦桿を自分の手に取り戻す(その2)
〜人生の目的を明確にする〜

  • 多くの人が「ゴールのないマラソン」を走っている
  • 「ほんとうのしあわせ」を考えるとき
  • すべての人に共通する人生の目的
  • 「精神性(霊性)」とは
  • “人類”と“地球人”の精神性の発達段階
  • 「思い込み」の形成とパーソナリティ